ネクストフィールドが西松建設、戸田建設、奥村組3社の「土木工事プラットフォーム」を開発

  1. TOP
  2. お知らせ
  3. ネクストフィールドが西松建設、戸田建設、奥村組3社の「土木工事プラットフォーム」を開発

2024.03.28

ネクストフィールドが西松建設、戸田建設、奥村組3社の「土木工事プラットフォーム」を開発

 

 西松建設(株)(本社:東京都港区、社長:髙瀨 伸利、以下「西松建設」)と、戸田建設(株)(本社:東京都中央区、社長:大谷 清介、以下「戸田建設」)、(株)奥村組(本社:大阪市阿倍野区、社長:奥村 太加典、以下「奥村組」)の3社は、土木工事におけるシステム連携・共同利用、データ連携・活用を共に行う共同研究開発に関する契約を締結し、「土木工事プラットフォーム」の構築を開始しました。この取り組みは建設業界のDX化を推進し、生産性向上や労働時間の短縮を目指します。開発のベースとなるプラットフォームは、(株)ネクストフィールド(本社:東京都渋谷区、社長:大堀 裕康、以下「ネクストフィールド」)が提供する、e-Standを活用します。

 

■ 背景・目的

 これまでは、個社ごとにソフトウェア・ハードウェアのシステム開発が行われていたため、開発に膨大なコストと期間を要することが技術開発の課題となっていました。また、データの蓄積・連携・活用に関しても同様であり、各社で蓄積して活用するに留まっていたため、生産性、安全性の向上、コスト削減等といった建設業界全体の課題解決や業務改善に結びつく活用には至っていませんでした。今回の3社共創の取り組みでは、各社の知識、知恵を共創し合いシステム開発の期間短縮、コスト削減を実現します。さらに各社のソフトウェア・ハードウェアおよび市販ツールとの連携を行い、データ蓄積・活用の効率化を図り、生産性向上、労働時間短縮を目指します。

 

■ 土木工事プラットフォームの活用について

 西松建設・戸田建設・奥村組は、3社JVにて施工中のシールドトンネル工事をモデル現場とし、計測・モニタリングを行っているシステム・データ蓄積を土木工事プラットフォーム上で運用します。まず、①シールド掘進にともなう振動計測、②地盤掘削等にともなう山留壁の変状計測の2つの計測を土木工事プラットフォームで一元管理します。次に、一元管理された情報を元に、リアルタイムで見える化、リスクの早期発見を図るシステムの構築を行います。さらに蓄積されたデータを活用し、計測管理の高度化を目指します。このプラットフォームの活用により現場管理業務の時間短縮、資料作成・報告業務の簡素化、データ連携による施工管理の品質向上・安全管理への展開にも取り組んでいきます。

 

■ e-Stand(プラットフォーム)について

 e-Standは、建設業界の特殊環境に対応し、各現場の情報を一括管理し、ID・PW管理、階層管理、UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス)、シングルサインオン機能・地図情報・天気・現場表示機能・BCP(事業継続計画)機能・EC(電子商取引)機能を標準装備している、建設業界の業務改革と生産性向上につながる基本ソフトウェアです。   

                e-Stand活用による「土木工事プラットフォーム」のイメージ図

 

■ 今後の展開

 西松建設・戸田建設・奥村組の3社とネクストフィールドは、現場管理で活用している各種システムからのデータ連携を行い、土木工事プラットフォームに蓄積されたデータ分析を行います。また、天気・WEBカメラ・工程表・地図情報(ハザードマップ)・ECなどのデータを連携することで、熟練の現場監督がもつ現場管理の知識や感覚などのノウハウを一元化し、多様な建設現場をサポートするシステムの提供を目指します。さらに、本システムを他の建設会社に提供・拡大することで、建設業界全体の現場管理の効率化を下支えし、持続的な発展・活性化に貢献してまいります。

 

■ この件に関するお問い合わせ先

 株式会社ネクストフィールド 経営企画部 
 電話:03-6434-1502
    Mail  :contact@nxtfield.co.jp